沖縄本島、本部町の「ポテト」でトウアカクマノミとチンアナゴに会ってきた♪

沖縄太郎さんとポテトで素潜りしてきました。
いつも案内ありがとうございます💕

まずは水路に沿って砂地へ。
そしてトウアカクマノミ。
水深10mくらいで、素潜りで会いに行くには一番ちょうど良い深さです。

続いて、そのちょっと先のチンアナゴへ。
こちらも水深10mくらい。
カメラを置きっ放しにしてタイムラプスで撮影。
でもGoProは広角なのでこれくらいが限界ですね。

そこから左にぐるっと回ってEX。
浅瀬のサンゴがかなり綺麗でビックリしました。

ポテトのサンゴ

2本目はアジの群れを求めてサクッとゴリチョへ。
残念ながらアジの群れはいませんでしたが、個人的にはウミシダが綺麗でした。

ウミシダ

▶︎HitoikiのYouTubeチャンネルはこちら♪

ゴリラチョップでシュノーケリング!ミジュンの群れと遊ぶ!

ゴリラチョップにイワシ(沖縄ではミジュンと呼ぶらしい)の大群が発生してるというので、会いに行ってきました!
ついてに白砂とサンゴも堪能してきました。

ゴリラチョップは初心者向け、講習向けのポイントだと思って舐めていたのですが、とっても素晴らしいポイントでした。
あまりに素晴らしかったので予定外に1作品作ってしまいました🤣

▶︎HitoikiのYouTubeチャンネルはこちら♪

オリンパスTG-6のフィッシュアイコンバーター「FCON-T02」の水中画角を比較

オリンパスのコンデジ、

TG-6

に取り付けるフィッシュアイコンバーター(ワイコン)、

FCON-T02

を買ったので、画角がどれくらい変わるのか比較してみました。

水中で景観を撮影する場合、画角が広い方が透明度が高くクリアに撮れます。
ところが、水中では屈折率の関係で倍率が約1.33になってしまうので画角が狭くなってしまいます。
そこで、より画角を広げるためにワイドコンバージョンレンズ(通称ワイコン)が活躍します。
(この辺りは色々と誤解も多いので、そのうち詳しい解説記事を書きたいなって思ってます。)

今回使用したFCON-T02は、倍率1.0倍の状態で円周魚眼、倍率0.9倍前後で対角線魚眼になります。
オリンパス純正のワイコンにはFCON-T01というのもありますが、FCON-T01を付けて1.0倍で撮るより、FCON-T02を付けて1.9倍で撮る方が画角が広くなります。

ちなみに、TG-6FCON-T02を取り付けるには、

CLA-T01

が必要なのでご注意を。

また、水深15m以上潜る場合は、こちらの防水プロテクター(ハウジング)が必要になります。

TG6用防水プロテクターPT-059

ところが、ワイコンを付けた状態ではこの防水プロテクターには入りません。
そこで、防水プロテクターに入れた上で画角を広げるには、防水プロテクターに取り付けるタイプのワイコンが必要になります。

オリンパス純正のものとしては、

OLYMPUS 水中ワイドコンバージョンレンズ 約0.6倍 防水プロテクター用 PTWC-01

というものがあります。
ただし、これは重い割にそこまで広角にはならないので、サードパーティーから出ているものをオススメします。
特に、こちら👇のレンズはオリンパスのTG専用に設計されたものなので特別オススメです。

Fisheye(フィッシュアイ)WEEFINE ワイドコンバージョンレンズ UWL-24M52MG

▶︎HitoikiのYouTubeチャンネルはこちら♪

TG-6の3つの水中ホワイトバランス「浅瀬」「標準」「ディープ」の違いを比較

オリンパスのコンデジ、TG-6が発売されましたね。
TG-5以前との違いのひとつは、水中用のホワイトバランスに、これまでの「標準」に加えて「浅瀬」と「ディープ」が追加されたことです。
早速違いを試してみました。

・浅瀬:水深3m以下
・標準:水深3〜15m
・ディープ:水深15m以上

だそうなので、今回は水深3mと水深15mで、それぞれ「浅瀬」「標準」「ディープ」を撮ってみました。

水中では、深くなるにつれて赤寄りの色が弱くなっていきます。
そのため、深いところで色鮮やかに写すには、赤寄りの色を強調してやる必要があります。

この動画を見ると、浅瀬モードより標準モード、標準モードよりディープモードの方が、より赤寄りの色が強調されているのが分かると思います。
それを理解した上で、どの深さでどのモードで撮るかは完全に好みの問題ですね。

よく分からない場合は、シュノーケリングなら「浅瀬」、スキューバなら「ディープ」にしておけば良いと思います。
私たちのように素潜りで撮る場合は、水深がめまぐるしく変わるので「標準」が良いかもしれませんね。

TG-6は15m防水なので、それより深く潜る場合は防水プロテクター(ハウジング)PT-059に入れて使いましょう。

普通に買う場合は、たぶん電気屋さんやダイビングショップよりAmazonの方が安いです。

TG-6本体

TG6用防水プロテクターPT-059

▶︎HitoikiのYouTubeチャンネルはこちら♪

真栄田岬の青の洞窟でナイトダイビング(素潜り)!夜光虫が綺麗!

真栄田岬の青の洞窟でナイトダイビング(素潜り)をしてきました。

続きを読む 真栄田岬の青の洞窟でナイトダイビング(素潜り)!夜光虫が綺麗!

▶︎HitoikiのYouTubeチャンネルはこちら♪

アポガマでサメ(ネムリブカ)と素潜り→ドリフトダイブ→サンゴ礁癒しダイブ

沖縄太郎さんと潜ってきました。
今回の目的はネムリブカ(ホワイトチップ)とセジロクマノミに会いに行くことです。
どちらも太郎さんに案内していただきました。

続きを読む アポガマでサメ(ネムリブカ)と素潜り→ドリフトダイブ→サンゴ礁癒しダイブ

▶︎HitoikiのYouTubeチャンネルはこちら♪

なかゆくいのサンゴ礁でトビエイ&ウミガメ&クマノミと素潜り!

関東のフリーダイバーMKさん、そしてHitoikiと同じ本島移住組のAKさんと一緒に素潜りしてきました。
「カメと泳ぎたい!」というMKさんのリクエストにお答えして「なかゆくい」へご案内。

続きを読む なかゆくいのサンゴ礁でトビエイ&ウミガメ&クマノミと素潜り!

▶︎HitoikiのYouTubeチャンネルはこちら♪